FC2ブログ
admin admin Title List
070429_999.jpg
<日時>
 2007年4月29日(土) 晴れ
        30日(日) 晴れ

<行先>
 雲取山(東京) 日本百名山

<アクセス>
 車:東京→お祭→後山林道 2hぐらい

<人数>
 5人(w/風さん、たけしさん、ありさん、めたろーさん)

<コース>
 1日目:後山林道終点→三条の湯 [標準CT 0.5h]
 2日目:三条の湯→三条ダルミ→雲取山 山頂(ピストン)→後山林道終点 [標準CT 6.5h]
  

<内容>
 仲間と1泊2日で雲取山に行ってきた。
 
 1日目は登山というより、奥多摩観光。
 
 川べりをぶらぶら散歩し、
 070429_003.jpg

 070429_005.jpg

 澤乃井へ立ち寄り
 070429_018.jpg

 そば処 とちより亭で蕎麦を食する。
 070429_021.jpg

 070429_023.jpg


 多摩源流小菅村にある雄滝へ。
 070429_024.jpg


 ここは、ありさんの友人の霊能力者の方が推薦の(?)パワースポットであるらしい。
 070429_028.jpg

 070429_057.jpg

 070429_056.jpg

 15分ほど歩き雄滝へ。
 070429_058.jpg

 070429_062.jpg

 まったり、めたろーさんとカメラであちこちを撮った。
 070429_066.jpg


1日目:後山林道終点→三条の湯 [標準CT 0.5h]
16:30 後山林道終点発
 林道終点に車を駐車し、出発。
 070429_077.jpg

 ミツバツツジや新緑に春を感じながら歩く。
 070429_079.jpg

 070429_081.jpg

 070429_083.jpg

 070429_087.jpg

 070429_090.jpg

17:05 三条の湯 着
 30分ほど歩くと山小屋「三条の湯」へ。 
 標高1,103mにある良質天然温泉の山小屋である。
 070429_092.jpg


 山の温泉宿で、至福の時間を過ごす。
 070429_096.jpg

 070429_098.jpg

 070429_099.jpg

 070429_100.jpg


 温泉に入り、夜は鹿肉とイノシシ肉でおなかを満たした。(臭かった)
 070429_093.jpg

 070429_094.jpg




2日目:三条の湯→三条ダルミ→雲取山 山頂(ピストン)→後山林道終点 [標準CT 6.5h]
 5時に起床し、日が差す山々を眺める。
 070429_095.jpg

 朝食待ち・・
 070429_101.jpg

6:50 三条の湯 発
 070429_104.jpg

 070429_106.jpg

 070429_107.jpg

 070429_119.jpg

 070429_121.jpg

 070429_141.jpg

 070429_144.jpg

 070429_145.jpg

10:00 雲取山山頂 着
 水場を経て、山頂へ。

 天気にも恵まれ、富士山の眺望よい。
 070429_148.jpg

 070429_153.jpg

 070429_154.jpg

 070429_163.jpg

 070429_165.jpg

 070429_175.jpg

12:00 雲取山山頂 発
 070429_187.jpg

 070429_210.jpg

 070429_218.jpg

14:20 後山林道 終点 着
 070429_220.jpg

 私の目では変化に気付くことはなかったが、その自然は近年確実に変化しているという。

 鹿が増え、花畑は無くなり、草木を食いつぶし、山が崩れている。
 全ては必然なのですね。


 帰り道、山中で車が動かなくなるハプニング。
 070429_225.jpg


 100回 山行してても1回起こりえるかどうかという
 トラブルだろうけれども、不測の事態ってあるものなんだなー。

 林道の起点まで到着してから、レッカー者を呼ぶ。
 070429_224.jpg


 登山てITシステム開発のプロジェクトマネジメントに通じる部分があるなー。
  ・無理のない行動計画
  ・的確な状況判断
  ・トラブルの予測とシミュレーション(リスク管理)
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2020 山みしゅらん, All rights reserved.