FC2ブログ
admin admin Title List
20190929_888.jpg
<日時>
 2019年9月29日(日) 曇り

<行先>
 白砂山

<アクセス>
 車:東京→(関越1.5h)→渋川・伊香保I.C-(車2h)-野反湖登山口 3.5h程度

<人数>
 単独

<コース>
 野反湖登山口→堂岩山頂上→白砂山頂上→堂岩山頂上→八間山→野反湖登山口(CT 8h、累積標高差約1,439m)
  ※白砂山(しらすなやま)は、長野県・新潟県・群馬県の3県の境に位置する山


 天気予報は微妙だが気圧配置図からは、雨に降られないと予想し、群馬に車を飛ばした。
 渋川・伊香保ICを降りてからの下道が辛かったが、深夜3時頃に野反湖キャンプ場の登山口駐車場に到着。
 2hほど仮眠する。


5:06 野反湖登山口発
 日の出が近いが、まだ暗く、ヘッドライトを灯しながら登山開始。
 他に登山者なく、静かな山登りに。
 20190929_001.jpg
 
 50分ほど進むと、シラビソ尾根にでる。
 20190929_002.jpg

 前日は夜遅くまで仕事あり、寝不足。。 
 夜明け前スタートということもあり、いまいち調子があがらない。。 日があがるほどにアドレナリンが漲るはず・・・。

 振り向けば野反湖。
 20190929_004.jpg

7:07 堂岩山 頂上通過
 ここから稜線歩き。
 ほとんど休憩を取らずに先へ。
 20190929_005.jpg

 稜線はいかにも群馬らしいというか、、茂倉や武尊山のような山並み。
 目指す白砂山がどーん。
 20190929_008.jpg

 薄曇りだが、天気ももってくれそうだ。
 20190929_009.jpg

 大倉山方面。地図に道はないが、冬期はこれら八十三山、大倉山へのルートを取る方もいる。
 20190929_010.jpg

 お、結構色づいているなあ。。 
 アドレナリンが滾ってきた。
 20190929_011.jpg


 振り向くとこんな道。
 20190929_013.jpg

 白砂山ピークまで、心地よい稜線歩きが続く。
 20190929_014.jpg


 20190929_015.jpg

7:26 猟師の頭 通過
 20190929_016.jpg

 白砂山ピークまで後少し。
 あーー、山っていいなあー。  
 この辺りでリフレッシュが加速。
 20190929_017.jpg

8:01 白砂山 山頂着
 山頂一番乗り。CTより随分早く歩けた。
 ま、時期が時期だからなあ。ドライで適度な寒さ、登山適期。
 20190929_018.jpg

 静かな山頂に佇むだけで、自分の中の何かが整理されていくような心地よさ。
 20190929_019.jpg

 東に伸びる県境トレイル、2018年8月に開通している。
 うーん、味があるよなあ。 いつか、歩いてみたい。
 20190929_020.jpg

 さて、帰るか。
 20190929_022.jpg

8:55 堂岩分岐 通過
 工程に余裕があったので、八間山 経由して下山することに。
 20190929_028.jpg

 八間山方面は 少し藪こぎ気味。
 20190929_029.jpg


 これまた違う味わい。
 20190929_030.jpg

9:07 中尾根の頭 通過
 僅か4時間程度の山歩きだが、少し足裏が痛みだしてきた。
 身体が鈍ってるだけ。。たまにこうやって鍛錬しないと。。
 20190929_032.jpg

9:41 黒渋の頭 通過
 20190929_033.jpg

 八間山がみえてきた。
 20190929_035.jpg

 道脇にはリンドウ。
 20190929_036.jpg

10:14 八間山 着
 20190929_037.jpg

 榛名山方面の眺望よし。
 20190929_039.jpg

 振り返ると歩いてきた道。
 20190929_040.jpg

 木立の間からは下山方面をみると野反湖。
 20190929_041.jpg

 ここからいっきに下山。
 20190929_042.jpg

 野反湖が近づいてくる。
 20190929_043.jpg

11:01 八間山の登山口 着
 20190929_044.jpg

  ここから野反湖登山口まで、10分程度の登り返しがあるのだが、、、ちょっとこれが萎える。

 20190929_045.jpg

 時々野反湖が眺められるのはいいんだけどね。
 20190929_046.jpg

 モグラが死んでる。。。
 20190929_047.jpg

11:18 野反湖駐車場 着
 実績6h。
 ほぼ休憩なしなので、、まあまあ頑張った数字かな。
 20190929_048.jpg

 20190929_049.jpg


=============
 野反湖、白砂山といえば、、
 日帰り温泉は 「尻焼温泉」がなんといっても有名だが、15時には東京に帰らなければいけない用事もあったので、
 オニギリを口にツッコミ、早々に帰路へ。


 群馬県境トレイル、、、、今回は白砂山が目的であって、県境トレイルは偶々であったわけだが、
 意識して歩くと、なかなかに味わいよい。

 群馬の、、、観光部隊? 
 個性もあり、群馬の良さも詰め込まれ、なかなか、よい町興しコンテンツを考えたではないか。
 また他の山登りにかこつけて、県境の稜線歩きを楽しみたいと思った。
 
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Copyright © 2020 山みしゅらん, All rights reserved.